特殊清掃員のお仕事内容

特殊清掃員はアルバイトの募集でも良く見かけると思いますが、「特殊」と付いている通り、普通のハウスクリーニングとはまた違う清掃のお仕事です。
主な仕事は亡くなった方が住んでいたお部屋の清掃を行なうことなので、普通の清掃よりもやることは多く、精神的にも肉体的にも大変とされています。

部屋の傷の修復、清掃、遺品整理、不用品処分なども仕事の一部ですが、そのお部屋に住んでいた方がどのように亡くなったかで仕事内容が大きく変わります。
殆どの場合は自然死で、お部屋もそこまで大変な状態になっていません。しかし、ご遺体の発見が遅れていた場合などは傷んでいたり虫が湧いていたり異臭が漂っていたりしますので、マスクをしていても我慢できない場合が多いそうです。

また更に大変なのが事故や事件、自殺などで悲惨な死を遂げていたお部屋の掃除で、ご遺体を直接見ることは無くてもそのお部屋の状態をみて耐えられない方も多くいらっしゃいます。

特に精神的にキツい場面に出くわすことの多いこのお仕事は、最初に述べた通りアルバイトでも募集されていることがありお給料もいいのですが、もし応募する際はちゃんと大変なことを理解した上で応募することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



ランキング


おすすめ記事