デジタル遺品を考える

デジタル化の進む現代では、若年者はもちろんのこと高齢者も様々なデジタル機器を使いこなしています。
そんな中で度々問題に上がるのが「デジタル遺品」の存在です。

デジタル遺品とは故人がパソコン、スマートフォンなどのデジタル機器に残した写真や有料サービス等の多くの情報の事を指します。
特に有料サービスの情報は故人が利用していた事を知らないと、亡くなった後も継続して料金が発生してしまいます。
またFX取引などをしていた場合、取引の停止をせずにそのまま継続してしまうと大きな損失を負わなければなりません。
更にネット銀行に思わぬ貯金があった、と発見されるケースもあります。

もし自分が遺す側になった時に家族が困らないように、利用サービスの一覧を作ったりパスワードを記録しておく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事