不動産を生前贈与する時の注意点

自分がいなくなった後、相続で遺族同士がトラブルにならないように生前の内に相続を済ませてしまう、いわゆる生前贈与という方法がとられることがあります。
しかし生前贈与は非常に高額な贈与税が発生してしまいますから、生前贈与したいけど諦めようという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方に覚えておいて欲しい制度に「相続時精算課税」という制度があります。
その制度は一旦贈与税を支払いますが、相続が開始した時にその相続税をベースに計算し直されるので、計算し直して払い過ぎが発覚した場合は還付が受けられる制度です。
特別控除が発生し、2,500万円までは相続税が非課税となります。
この制度は不動産を相続する時にももちろん使えますが、不動産をこの制度を使って相続させようと思っているのなら少し待ってください。

不動産の相続には相続税以外にも登録免許税、不動産所得税が発生します。
この2つは固定資産税評価額に対して課税されるので、相続時清算課税により贈与税は払わなくて良くても、これら二つの税には免除が無いので税金をそのまま支払わなくてはなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事